かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

自分で設立すると損って本当なの?

   

自分で設立すると損って本当なの?
 本当です。会社を設立するのにいくら必要なの? で説明したとおり、電子定款の方が紙の定款より4万円安く設立できます。 パソコンをお持ちの方は当然電子定款を選択するでしょう。 しかし電子定款を作成するためにはAdobe Acrobat(3万数千円)とICカードリーダ(数千円) が必要となります。せっかく4万円安く設立できるのにほとんどメリットがなくなってしまいます。 さらに電子定款で設立する方法についての情報が少ないため、 自分で電子定款を作成するのはハードルが高い状態です。 自分で設立するなら、一般書籍が推奨するように紙の定款で設立を選択した方が良いでしょう。
 しかし、当サイトを利用すれば、Adobe Acrobat(3万数千円)やICカードリーダ(数千円) は不要です。利用料金は1万円なので、自分で設立するより3万円安くなります。 しかも、会社設立書類一式作成することができるので、簡単に設立することができます。
 安く設立できることは上記のとおりですが、 当サイトを利用する一番のメリットは、会社設立する際に最も注意しなければいけない、 コスト削減対策や 税金対策 について、お客様に情報提供している点です。 当サイトを利用すれば、安心して会社設立することができます。

項目 自分で電子定款を作成 当サイトを利用した場合 紙の定款の場合
定款認証手数料 5万円 5万円 5万円
印紙代 0円 0円 4万円
登録免許税 15万円 15万円 15万円
定款の謄本 約2千円 約2千円 約2千円
当サイト利用料 0円 1万円 0円
設備 Adobe Acrobat(3万数千円)とICカードリーダ(数千円)が必要 不要 不要
合計 約24万 21万2千円 24万2千円
難易度 情報があまり出回っていないので、難しい 書類は自動作成されるので、簡単 書籍のサンプル参考に書類を作るので面倒
 「かんたん会社設立」を利用すれば、設立費用を安く抑えることだけではありません。 もっともっと大きな得につながります。
・毎年6万円の決算公告掲載料を節約することができます。
・税金対策もばっちりなので安心です。

 - 旧コンテンツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
事業目的を入力する際の注意事項

事業目的を入力する際の注意事項 恥ずかしくない事業目的を書くために!  このペー …

no image
プレミアム定款

プレミアム定款 勘違いしている人が多いです!  合同会社は重要な事項を社員の多数 …

no image
会社設立の経験談

私が会社設立したときの経験談 会社設立書類作成システムはこのときの経験を 生かし …

no image
発起設立と募集設立

発起設立と募集設立という2つの設立方法があります。 発起設立とは発起人が全部の株 …

no image
税金対策!年間数十万の損失もありうる!

税金対策!年間数十万の損失もありうる!  税金対策をしっかりやること。 これを考 …

no image
運用コスト削減!年間6万円の節約

■「電子公告」で年間6万円節約する  株式会社は決算公告を毎年行わなければなりま …

no image
高級素材の印鑑を卸値でお届けします

高級素材の印鑑を卸値でお届けします ■会社印・法人印は精巧さが命! 彫刻印面   …

no image
指定障害福祉サービス事業の会社設立する際に注意すること

指定障害福祉サービス事業の会社設立する際に注意すること ■事業目的の書き方で失敗 …

no image
gmailのフィルタ設定手順

gmailのフィルタ設定手順 私の意見 最近、gmailを利用するお客様からメー …

no image
監査役の任期を決める際の注意事項

監査役の任期は、原則4年、最長10年 監査役の任期は、原則として選任後4年以内に …