かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

発起設立と募集設立

   

発起設立と募集設立という2つの設立方法があります。 発起設立とは発起人が全部の株式を引き受ける場合の会社設立方法です。 一般的には発起設立を用います。
募集設立は発起人でない出資者がいる場合の設立方法です。 設立時に広く一般から出資者を募る場合を想定しており、 ほとんど使用されていません。当サイトも対応しておりません。 もし発起人でない出資者が少数である場合は、 その出資者にも発起人になってもらい、発起設立にした方が良いでしょう。

 - 旧コンテンツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
プレミアム定款

プレミアム定款 勘違いしている人が多いです!  合同会社は重要な事項を社員の多数 …

no image
制限事項

■ 小規模な株式会社に最適  「クイック!会社設立」は、小規模な株式会社設立に特 …

no image
事業目的を入力する際の注意事項

事業目的を入力する際の注意事項 恥ずかしくない事業目的を書くために!  このペー …

no image
gmailのフィルタ設定手順

gmailのフィルタ設定手順 私の意見 最近、gmailを利用するお客様からメー …

no image
運用コスト削減!年間6万円の節約

■「電子公告」で年間6万円節約する  株式会社は決算公告を毎年行わなければなりま …

no image
リサイクルショップを行う

リサイクルショップを行う ■設立時に注意すること  事業目的に古物を売買する旨の …

no image
監査役の任期を決める際の注意事項

監査役の任期は、原則4年、最長10年 監査役の任期は、原則として選任後4年以内に …

no image
会社を設立するにはどうすれば良いの?

会社を設立するにはどうすれば良いの?  簡単に言ってしまうと、2つの手続きをすれ …

no image
高級素材の印鑑を卸値でお届けします

高級素材の印鑑を卸値でお届けします ■会社印・法人印は精巧さが命! 彫刻印面   …

no image
会社設立の経験談

私が会社設立したときの経験談 会社設立書類作成システムはこのときの経験を 生かし …