かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

資本金について

      2016/09/07

資本金とは

 資本金とは株式を発行して集めた資金です。

資本金の最低額

かつては、株式会社1000万円、合同会社300万円という資本金の最低額がありましたが、現在では制限がなくなっております。
資本金1円の会社もOKとなっています。当サイトでも資本金1円で設立した方も沢山おられます。

小さな会社の資本金の決め方

 資本金の最低額は合同会社・株式会社ともに1円です。上限に決まりはありません。ただし、1000万円未満であれば消費税の免税業者になれるなど、特典がありますので、1000万円未満で設立すると良いと思います。
 
 資本金は大きいほうが「体力のある会社」とみられ、良いと思います。しかし無理して大きくすることは無いと思います。もし無理して資本金を大きくし、個人の生活がやっていけないことになると、会社から個人への資金の移動をする事になりますが、この行為はあまり好ましくありません。逆に会社のお金が足りなくなり、個人から会社に貸し付ける行為は特に問題はありません。よくある行為です。従って個人にお金があるほうが融通が利きます。資本金を決定するときに頭に入れておいてください。

 だからといって少ない方が良いわけではありません。一般的に資本金が大きい方が信用度が高くなる傾向があります。以下も検討して資本金を決めてください。
 ①許認可を取得する事業の場合、自己資本の要件が無いか確認してください。
 ②法人との取引がある場合、資本金の要件が無いか確認をしてください。
 ③FX取引の法人を設立したが、資本金の要件がないか?
 ④銀行から融資を受ける場合、自己資本に応じて融資金額が決まる場合がありますので確認しておきましょう。

<資本金の振込み方>

 株式会社を設立する場合は、発起人(複数いる場合は代表の発起人)の個人口座に振込みます。合同会社の場合は、代表社員の個人口座に振込みます。個人の口座は普段使っているもので構いません。新たに作成する必要もありませんし、残金を0円にしておく必要もありません。

<資本金の振込み時>
 株式会社は定款認証日以降に振込んでください。合同会社は定款が作成以後に振込みしてください。振込んだ人の名前・金額・振込み日ががわかるように通帳に記帳しておいてください。登記に必要です。

<資本金の移動>
 会社設立後、直ぐに法人口座を開設してください。そして個人口座にあった資本金を法人口座に移動させ事業を開始してください。

 - おすすめコンテンツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
介護事業を行う会社を設立する方法

合同会社/株式会社?どちらか  当サイトを利用して介護事業を行う会社を設立する方 …

no image
公告の方法は何を選べばよいか?

 公告の方法は「官報」「日刊新聞」「電子公告」の3つから選べます。「日刊新聞」は …