かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

自分で会社設立するより当サイトを利用した方が安い理由

   

自分で会社設立するより当サイトを利用した方が安い理由

電子定款のメリット

 「紙の定款」を作成する場合と「電子定款」で作成する場合で、 以下の様に印紙代4万円分の差が出ます。

  株式会社の場合
項目 「紙の定款」 「電子定款」
公証人の認証手数料 50,000円 50,000円
定款の謄本取得費 約2,000円 0円
収入印紙代 40,000円 0円
登録免許税
(資本金2157万まで) 150,000円 150,000円
合計金額 242,000円~ 200,000円~
  合同会社の場合
項目 「紙の定款」 「電子定款」
収入印紙代 40,000円 0円
登録免許税
(資本金857万まで) 60,000円 60,000円
合計金額 100,000円~ 60,000円~
自分で電子定款を作成するには?

 自分で電子定款を作成する事は、意外と難しく費用がかかってしまいます。
まず設備投資が必要です。
・「Adobe Acrobat Standard」(ソフト) → 安いところでも3万円ぐらい
・ICカードリーダー → 約3000円
・住民基本台帳カード → 500円
がかかります。 また一番ネックとなるのが情報の少なさです。
市販の本には電子定款の作り方に関して記述している本はあまり見かけません。 市販の本は電子定款について触れていないか、触れていても「紙の定款」を勧めています。 株式会社の設立について調べて、電子定款について調べたりしたら、 あっという間に数週間が経過してしまいます。 結局、自分で会社設立するなら、「紙の定款」で行ったほうが得になってしまいます。

自分で会社設立するよりも、当サイトを利用した方が安い

 以上の理由から、1万円以下で電子定款の作成できる、当サイトを利用した方が 安いという結果になります。

 - 旧コンテンツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
現物出資の記入例

現物出資をする上での注意事項 現物出資できる物 以下のような物を、現物出資するこ …

no image
gmailのフィルタ設定手順

gmailのフィルタ設定手順 私の意見 最近、gmailを利用するお客様からメー …

no image
指定障害福祉サービス事業の会社設立する際に注意すること

指定障害福祉サービス事業の会社設立する際に注意すること ■事業目的の書き方で失敗 …

no image
プレミアム定款

プレミアム定款 勘違いしている人が多いです!  合同会社は重要な事項を社員の多数 …

no image
事業目的を入力する際の注意事項

事業目的を入力する際の注意事項 恥ずかしくない事業目的を書くために!  このペー …

no image
リサイクルショップを行う

リサイクルショップを行う ■設立時に注意すること  事業目的に古物を売買する旨の …

no image
監査役の任期を決める際の注意事項

監査役の任期は、原則4年、最長10年 監査役の任期は、原則として選任後4年以内に …

no image
決算日の決め方

決算日の決め方 重要! ステップ1 【通常】 事業年度の決め方は、設立月の前月に …

no image
発起設立と募集設立

発起設立と募集設立という2つの設立方法があります。 発起設立とは発起人が全部の株 …

no image
会社設立の経験談

私が会社設立したときの経験談 会社設立書類作成システムはこのときの経験を 生かし …