かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

株式会社設立にいくら必要か?

■安く株式会社を設立するには

ここまで理解すれば、大きな損失は防げます。 会社設立時に注意すべき事項の8割以上の知識を得たことになります。
 このページでは会社設立に必要な費用について説明します。 金額は4万円と少ないですが、設立費用を節約する方法も紹介します。
■株式会社を設立するのにいくら準備すればよいか?

説明上、大きく3つに分けます。
(1)法定費用… 役所等に払う税金や手数料で全国一律料金です。定款認証と登記申請に必要な費用です。
(2)その他の費用…これは個人によって差が出る費用です。 例えば会社の代表印、電子定款を作成するのに必要なソフトなどです。 小さなものとしては交通費や印鑑証明取得費なども必要になります。
(3)資本金…会社に預けるお金で、費用とは言えませんが、 必要なお金という意味であげておきます。
それでは各々いくら必要か見てみましょう。 資本金1000万円未満の会社として説明します。

■登録免許税、定款認証手数料など法定費用

定款認証と登記申請時に必要な費用は下の様になります。 前ページでも説明したように電子定款で設立すれば、法定費用は4万円安くなります。
定款認証にかかる費用

項目電子定款紙の定款
定款にかかる費用
定款認証手数料50,000円50,000円
印紙代0円40,000円
定款の謄本300円保存料
謄本を請求すると1部約1,000円
約2,000円
登記にかかる費用
登録免許税150,000円150,000円
合計200,300円~202,000円 242,000円

505479 創業のセミナー等を受けるだけで、登録免許税が軽減される場合があります。15万円が7万5千円に軽減されるので、本店を置く市町村に確認してください。「○○市 創業支援 軽減」で検索すると出てくると思います。

■その他の費用
 法定費用は個人によって差が出ませんが、ここで説明する「その他の費用」は個人によって 差が生じます。「その他の費用」を安く抑えることが、設立費用を抑えるポイントです。 「その他の費用」は例えば会社の印鑑や電子定款を作成するためのソフトをはじめ、 印鑑証明書や交通費などがあります。
 。

項目電子定款紙の定款
会社の実印 ※1法人3点セットで1万円程度
Adobe Acrobat ※235,000円程度0円(不要)
ICカードリーダ ※23,000円程度0円(不要)
住民基本台帳ICカード ※2500円程度0円(不要)
印鑑証明書1通300円程度、発起人(出資者)と取締役の人数分必要です。

 電子定款で会社を設立すると法定費用が4万円安くなりますが、 実はAdobe AcrobatやICカードリーダなどの設備が必要になります。 結局、電子定款のメリットはなくなってしまいます。
 でもご安心ください。※1※2を節約する方法を下方で紹介します。

■資本金について

 資本金は1000万円未満にすると、消費税の免税業者になることが出来たり、 様々な特例を受けられます。では資本金の最低額はいくらでしょうか? 実は1円の株式会社もOKということになっています。 しかし、ふざけているのか?と思われないようにしたいものです。 事業内容にもよりますが100万円ぐらいは欲しいところです。 現金でなくても現物出資することも可能です。 500万円以下であれば、税理士等の証明書は要らないので 設立費用が高くなるわけではありません。 現物出資を活用するのも良い方法だと思います。

■こうすれば設立費用を安くできる!

 結局(1)の法定費用は一律20万2千円かかります。あとは (2)のその他の費用を抑えることが設立費用を抑えるポイントになります。
 電子定款で会社設立すると法定費用が4万円安くなりますが、 自分で電子定款を作成するソフトなどその他費用がかかってしまい、 結局「紙の定款」で設立するのと変わらなくなってしまいます。
 そこで上表の※1※2を節約する方法を紹介します。


 宣伝になって申し訳ありません。しかしお得なので猛烈にPRさせていただきます。 実は当サイトを利用して会社設立していただくと 電子定款を作成する設備※2の購入が不要となります。 利用料金は1万円ですが、これで法定費用4万円の節約が出来ますので、 差し引いて3万円の節約になります。さらに ※1の会社実印も安く作成できます。例えば柘の法人3点セットで1万円前後しますが、 会社設立書類作成システム内で紹介しているオススメ印鑑ショップ では3,980円で購入できます。下方に一例を紹介しておきます。
 安さだけではありません。簡単に会社設立できるのも当然です。 会社設立後の法務局の手続きと、税務署に提出する書類まで作成できます。 時間を大切にする人は当サイトを利用した方が良いでしょう。
 安いから心配?高い方が安心と思っている方もいらっしゃると思います。
しかし、ここまで説明してきた会社設立のノウハウにプラスアルファの情報がご覧いただけます。 例えば「3月1日仏滅、3月2日大安どちらを設立日にした方が良いでしょうか? これだけで5,000円以上の差が出ます。」ここまで説明してくれるサイトは無いのではないでしょうか?
 また、ここまで読んでくれた方は電子決算公告を利用すると思います。 ホームページをお持ちでない方も簡単に電子決算公告を利用できる様に、 プロバイダを利用するより安いお値段で電子公告掲載サイトを準備しています。 自分でドメインを取得する人も当サイトを利用した方が懸命です。
例えば「中華さんの場合、http://www.rairaiken.jpはお奨めしません。理由はわかりますか?」 9割の方が誤った登記をしてしまいます。電子決算公告にも注意事項があります。
かんたん会社設立の特徴
osusume


 それでは「会社設立の手順」と「書類の作成方法」の説明をします。