かんたん会社設立

小さな会社設立専門(6,490円~)

変更登記

代表
専門家は不要!
変更登記は自分でやるべきです!
費用だけが理由ではありません!

変更登記を自分でやるべき理由

必要な手続き

例えば会社の住所を変更すると以下の様な手続きが発生します。(変更登記の内容により異なります。)

届出先提出書類
法務局(管轄する法務局)登記申請書kyouchouこれを作成するのは知識が必要
法務局(最寄の印鑑カード発行事務を行っている法務局)印鑑カードの申請
※ 管轄外に本店移転した場合
税務署
管轄する税務署(異動前)
異動届出書
用紙など
都道府県事務所異動届出書
「異動届出書 〇〇県」で検索してください。
市町村役場(法人の本店所在地)変更前、変更後事業所等変更届
「事業所等変更届 〇〇市」で検索してください。
市町村役場(従業員の住所)特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書
「特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書 〇〇市」で検索してください。
年金事務所適用事業所 名称 変更(訂正)届
用紙など
労働基準監督署労働保険 名称、所在地等変更届
公共職業安定所(ハローワーク)雇用保険事業主事業所各種変更届
用紙など
許認可を受けた行政機関異動届
銀行・郵便局、電力、電話、水道等

自分でやるべき理由

結局自分でやらなければならない

 上記の表の様に沢山行わなければなりません。残念ながらこれらすべてを請け負ってくれるところはありません。法務局は司法書士、税務署関係は税理士、社会保険関係は社会保険労務士、その他官公庁は行政書士と守備範囲が法律で定められているためです。誰に頼んでも全てを代行してくれません。

知識が必要なのは登記申請だけ

 提出しなければいけないところは沢山ありますが、一番上の登記申請書以外は決められた用紙に「登記事項を変更しました」いう事を書き込めば済みます。一番上の登記申請書は決まった用紙はありません。「法的な手続きを踏んで登記事項を変更しました」という添付書類も合わせて提出する必要があります。インターネットが発達する以前は司法書士さんに数万円という高額な費用を支払って代行してもらっていましたが、現在ではWEB上で簡単に登記申請書を作成できるようになり、知識も不要で作成できるようになりました。

登記書類作成システム

特別な知識は不要です。簡単に登記書類が作成できます。
書類作成システム1,100円~
easytouki
登記書類作成に何日間も時間を掛けるのはもったいない事です。
★作業は簡単、正味1時間!
★専門家の所に行く必要なし。郵便局で完結!

 

変更登記の費用

変更項目登録免許税
商号
目的
発行可能株式数
発行済株式の総数
株式の譲渡制限に関する規定
3万円
本店管轄内3万円
管轄外6万円
資本金の額
(発行済株式の総数)
増資額の0.7%、この計算によって3万円以下になる場合は3万円
役員に関する事項1万円
資本金1億円を超える場合(3万円)

 - 変更登記

  関連記事

no image
登記事項について

当サイトの設立時の登記事項は以下の様になります。 合同会社の登記事項 「商号」合 …

no image
目的の変更
イラスト縦
代表取締役の住所変更の手続き(1,100円税込み)

【PR】1,100円(税込み)で登記書類ができます。(2020年11月1日リリー …

no image
株式会社の変更登記
no image
小さな会社の増資
no image
株式会社の役員変更、増資
no image
有限会社の変更登記

有限会社の住所を変更する

no image
合同会社の変更登記
no image
管轄内/管轄外の調べ方

管轄内/管轄外の調べ方を説明します。法務局ホームページで現在の所在地と変更先の住 …