かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

利用料金

設立までの費用を比較してみてください。
 
株式会社合同会社一番安く設立できるはずです!

当サイト利用料

利用料金

 合同会社  5,900円(税込)
 株式会社 10,000円(税込)
※当サイトを利用すればICカードリーダー(約3,000円)やAdobe Acrobat(約30,000円)は不要です。
syazai
 しかし、これだけでは設立できません。
 設立までに必要な費用・準備するものまとめましたので参照ください。
 合同会社 株式会社

設立費用と準備する物(合同会社版)

sano当サイトは安いだけではありません。
サービスの中身も確認してください。サービスの内容

設立までの費用と他社との比較

設立に必要な費用を下記の通りです。印が他社と差が出るものです。比較してください。

項目当サイト他社
電子定款0円
※CD-R又はDVD-Rを準備してください。当サイトが準備する場合は+500円になります。
電子定款を作成してくれるかどうか調べてください。電子定款でない場合は4万円の収入印紙を貼る必要があります。別料金で電子定款に対応するところもあります。
登記書類0円
※プリンターが必要です。インクジェットプリンターで構いません。
着払いで送られてくるところもあります。着払の費用は宅急便と同じぐらいです。
登録免許税60,000円60,000円
報酬5,900円(税込み)
※システム使用
安く表示しているところは税抜き価格表示しています。
振込み手数料カードで支払えば無料です。銀行振り込みのみの業者もあります。
書類提出費用
(又は郵送費用)
実費実費

準備する物

準備するもの解説他社との比較
会社実印
印鑑
法人3点セット3,980円~
他の印鑑ショップと比べてください。印鑑ショップ
安いだけでなく、行政書士事務所が運営するサイトだから安心です。例えば「合同会社ウルトラ ボーリング場」は登記できません。どうしてだかわかりますか?この様なことを事前にチェックします。
当サイトならではのサービスです。
1万円近くするところが多いです。
CD-R
DVDR
当サイトでは電子定款で登記をしていただきます。CD-Rを最低1枚準備してください。自社用の電子定款をCD-Rで保存する場合はもう1枚準備してください。当サイトでは+500円で電子定款を保存したCD-Rを2枚郵送いたします。ご確認ください。
プリンタ
print
登記申請書を印刷するために必要です。
インクジェットプリンタで問題ありません。
送られてくるところが多いと思います。(着払いのところもありますので、確認してください。)
印鑑証明書代表社員の個人の印鑑証明書を1通準備してください。同左
代表者の個人の銀行口座普段使っているもので構いません。同左

設立費用と準備する物(株式会社版)

設立に準備していただきたい物です。印が他社と差が出るものです。比較してください。
sano安いだけではありません。
サービスの中身も確認してください。サービスの内容

設立までの費用と他社との比較

設立に必要な費用を下記の通りです。印が他社と差が出るものです。比較してください。

項目当サイト他社
報酬
(当サイトの場合、システム使用料)
10,000円
税込みの価格です。
安く表示しているところは税抜き価格表示しています。
報酬の振込み手数料カードで支払えば無料です。銀行振り込みしかできないところもあります。
電子定款0円電子定款対応かどうか調査してください。紙の定款の場合、4万円の収入印紙が必要です。
定款認証手数料
※公証役場に納めます。
50,000円同左
電子定款保存料
※公証役場に納めます。
300円同左
定款認証時に請求する謄本代
※公証役場に納めます。
0~約2,000円
一工夫して節約しています。謄本1通請求の場合1,000円です。もちろん0円でもOKです。
ほとんどのサイトは2,000円です。
登記書類0円
システムからダウンロードして印刷していただきます。
着払いで送られてくるところもあります。着払いだと宅急便と同じぐらいの別途費用がかかります。
登録免許税150,000円同左
書類提出費用実費
(書類を郵送(140円~)することをオススメしています。)
調査願います。代行してくれるところもあります。

準備する物

項目解説
会社実印
印鑑
法人3点セット3,980円~
他の印鑑ショップと比べてください。印鑑ショップ
安いだけでなく、行政書士事務所が運営するサイトだから安心です。例えば「合同会社ウルトラ ボーリング場」は登記できません。どうしてだかわかりますか?この様なことを事前にチェックします。
えびす
当サイトならではのサービスです。
プリンタ
print
会社設立書類を印刷するため必要です。
インクジェットプリンタで問題ありません。
印鑑証明書発起人(出資者)と取締役に就任する人数分必要です。発起人で取締役に就任する方は2部準備してください。
銀行口座代表の発起人の銀行口座
現在使っているもので構いません。