かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円)

小さな会社設立方法

headline

最新の会社設立の方法(本では教えてくれない!)

★14万円も安く法人を設立できる方法は知ってますか?
★1日仏滅、2日大安、どちらを設立日にしたほうが5000円得か?
★○○の決め方次第で毎年数10万円以上損することもあります。

sano
 全問正解できましたか?安心してください。専門業者でも知らない質問も含まれています。1問でも正解できなかった方は10分程度の時間を割いていただき、このサイトをお読みください。このサイトでは単に会社設立方法を説明するだけでなく、上記のような注意すべき点も紹介します。市販されている会社設立の書籍だけを利用して設立するより、 設立時に4万円、設立後には年間数万~数十万円の得になるでしょう。

まず検討すべきこと

daiji 安く法人を設立したいならば、合同会社という法人の形態も検討しましょう。 14万円安く法人を設立できます。株式会社を設立するには法定費用20万円が必要ですが、 合同会社であれば6万円で設立できます。設立後の税金面などは株式会社と同じなので、法人化するメリットは株式会社と同じです。設立費用が安い合同会社の設立を検討してみましょう。よくデメリットとして認知度が低いと言われていますが、いまでは年間1万社を超える数の合同会社が設立されています。あのアップルの日本法人やスーパーの西友も合同会社です。amazonの日本法人も合同会社に変更されます。これらの会社は不利益を受けているのでしょうか?私はこの点に関してはデメリットと思っていません。むしろデメリットは他にあります。(後述しますので最後までお付き合いください。)

合同会社に興味を持った方は
合同会社の設立方法へお進みください。

株式会社の設立方法

★毎年6万円の経費を削減できる方法を知っていますか?
★設立費用を4万円の安くできる方法を知っていますか?
興味のある方は続きをどうぞ!

 株式会社の設立方法をできるだけ、易しい言葉で解説していきます。 順番にお読みください。会社設立の知識が全くない方でも、 会社設立の方法が解るようになります。 会社設立書類も無料でダウンロードできますので、 よろしければご利用ください。
 なお、小さな会社に特化していますので、 資本金5億円以上の大会社や、 不特定多数の投資家から資金を募って会社を設立する方は 対象外となります。



スポンサーリンク



【PR】
最新_会社設立方法

「書類作成システム(株式会社版)」を利用すべき理由

sano当サイトのご利用を検討して頂きありがとうございます。
行政書士の佐野と申します。 よろしくお願いします。
 設立までの総費用設立後の事を考えると当サイトになります! 他のサイトと比べてください。 合同会社の方はこちら

はじめに

 当サイトは小さな会社に特化しています。小さな会社に最適な会社組織となります。 最初から大きな会社を設立しようとする方は少ないと思いますが、当サイトでは、 資本金5億円以上の会社や上場会社のように株主と経営者が分離する会社組織は作れません。
 もちろん、会社の成長に合わせて変更することは可能です。

欠点

 多くの長所を述べる前に欠点を伝えておきます。 当サイトではホームページ上で表示された書類を印刷して使用します。従ってプリンターが 必要です。インクジェットプリンターでOKです。
 逆に言うと、郵送が発生しないので(公証役場によっては郵送が発生します) 早く書類が作成できますし、押印に失敗しても何度も印刷して作成する事ができるので 便利とも言えます。

煩わしい専門家との面談は不要!困った時だけ相談!

 専門家と相談なしでも会社設立できます。 もちろん困ったときはメール・電話によるサポートも受けることができます。 またお客様が入力した内容を専門家が確認しています。だから初めての方でも安心です。 当サイトは外注を使用していません。

設立後に法務局と税務署に提出する書類も作成できます!

サイトのサービスを始めたころは、税務署に行けば税務署員が丁寧に教えてくれるので、税務署で書くように薦めていました。 これは私の経験からだったのですが、ところが、お客様から「税務署員に税理士に聞いて下さい」と突き放されたという ご意見を頂きました。そういうわけで、会社設立書類一式だけでなく 会社設立後に提出する書類 も作成できるようにいたしました。
時間の大幅な節約になりご好評をいただいています。税理士が作るわけではないので、変な営業はありません。

絶対発生します!

 会社が成長すると、「役員の変更」「本店所在地の変更」「出資者の変更(相続)」「資本金の増額」「事業目的の変更」など 変更する必要が生じてきます。上記の手続きにいくら必要か確認してみてください。恐らく数万円の業者が殆どです。(手作りになるのだから当然の金額です) 当サイトの書類作成システムで作成しておけば、 ホームページ上で入力すればプログラムで変更書類が作成できるようになりますので、専門家は全く不要になります。 従って市場価格の1/5~1/10ぐらいの値段で対応できます。(3,800円程度~になる予定です。2014年10月運用開始します。)
将来的な事を考慮して当サイトを利用し会社設立をされてはいかがでしょうか?

設立費用は最安!

 当サイトを利用した場合の会社設立までに必要な費用 を確認してください。
 顧問契約を強要していないので、後で請求することはありません。 もし税理士が必要な方も無料で会社設立するより、当サイトで設立された方が良いでしょう。
 当サイトと協力関係にある 会計事務所を利用した方が絶対お得です。
 安くて心配されるお客様がいらっしゃいますが、 インターネットをフルに活用し、書類を自動作成することによるコスト削減努力の結果です。 システムもプログラマ経験のある私が作成しております。 1000社を超える実績がある当サイトにお任せください。

税務署に提出する書類まで作成できます。

 書類作成システムならではのサービスです。 会社設立後に提出する書類 が作成できます。

税金対策なども考慮するので安心です!

 会社設立書類作成システムの最大のPRポイントです。 会社を設立する際に最も重要な点は、「会社基本情報」を決めることです。 他のサイトでは簡単なアンケートと呼び軽視して、メールやFAXで連絡していますが、 「会社基本情報」の決め方次第で、税金や運用コストが左右される重要なポイントです。 会社設立を専門に行っている当サイトならではのアドバイスが多々あります。
 例えば・・・・

■問題
3月1日仏滅、3月2日大安どちらを設立日にしますか?
これだけで5,000円以上の差が出ます。当サイトなら設立日を入力する際に、「注意事項」として解説があります。

現金が少なくても大丈夫!(現物出資も対応)

 当サイトでは資本金1万円以上の会社設立をお手伝いします。 しかしあまりにも少ない資本金の会社は 貧弱に見えてしまいます。資本は信用のバロメーターのひとつです。 現金は無いが資本金を大きくしたい、そのような時には事業で使うパソコン・自動車・在庫等を現物出資することで解決できます。
 500万円以下の現物出資であれば当サイトを利用することができます。 もちろん現物出資した資産は、購入したものと同様に減価償却することができます。

年間6万円の経費節約!(電子公告にも対応)

 株式会社は毎年決算公告をする義務があります。 決算公告の方法は(1)官報に掲載する方法(掲載料約6万円)(2)日刊紙に掲載する方法(掲載料50万円以上)そして新たに(3) 電子公告(当サイト提携サイトは5,800円)が認められました。 当サイトでは決算公告を電子公告にして、 毎年約6万円の官報公告料を節約することをお勧めしています。
 法定公告においては現在のところ官報で行うのが最も安くなります。法定公告を官報、決算公告を電子公告にするのが もっともオススメです。
 自分のホームページを登記すれば殆ど費用はかかりません。 しかしちょっとだけ注意して頂きたい点があります。

■問題
個人事業で営んでいた、中華屋を法人にしました。
店のPR用のHP(http://www.rairaiken.jp)があります。
当サイトならhttp://www.rairaiken.jpはお奨めしません。なぜでしょうか?
8割いや9割ぐらいはhttp://www.rairaiken.jpを使用してしまいます。電子決算公告を推薦する当サイトならではのアドバイスがあります。

 電子決算公告の方法のサンプルページも差し上げています。
 また、ホームページをお持ちでない方、ホームページを作る手間をかけたくない方には 電子公告掲載サービスを準備しています。 当サイトが準備している電子公告掲載サービスは、 公告内容をホームページから送信するだけで、電子公告を掲載することができます。 利用料金は年5,800円(月483円)。完全自動化し、さらに安くする(3,000円)予定です。 プロバイダ契約料金より安く、官報掲載料金の20分の1の費用になります。

会社法
第四百四十条  株式会社は、法務省令で定めるところにより、定時株主総会の終結後遅滞なく、貸借対照表(大会社にあっては、貸借対照表及び損益計算書)を公告しなければならない。
第九百七十六条  次のいずれかに該当する場合には、百万円以下の過料に処する。
二  この法律の規定による公告若しくは通知をすることを怠ったとき、又は不正の公告若しくは通知をしたとき。

設立まで1週間

 基本事項の入力は数分間で入力することも可能です。 また入力した内容は当システムで保存されていますので、 数日間に分けてゆっくりと入力することも可能です。
 設立にかかる日数は、 早い方では2日、多くのお客様は7~10日で設立しています。 2週間程度見積っておけば十分です。設立日は登記申請書類を提出した日が設立日となるので、 お好きな日を設立日にすることができます。(法務局の休業日は除く)

印鑑も安く購入できます

 会社設立の際には会社の印鑑を作成することになります。 会社設立費用を抑えるには印鑑作成費を抑えることが 重要なポイントです。 当サイト内の印鑑ショップで購入すれば、 高級素材の印鑑が安い値段で購入できます。
印鑑ショップ
ikansample

お客様の作業量が大幅に軽減!時間が節約できます!

 お客様が時間をかけて書類作成方法や法務省のシステムの使い方を 調べても後々に役に立つことはありません。これらは私どもにお任せください。
 会社設立書類作成システムを利用すると、「会社基本情報」をホームページ上から入力すれば、 会社設立に必要な書類が作成されます。 後は印鑑を捺して役場に提出するだけです。
 お客様に書類を役場に届けて頂くので、安く早く設立できます。(配達日指定郵便で送れば設立日も指定できます。) 手順
当サイトを利用した会社設立の手順

シンプルでわかりやすいサイト構成!操作性も良い

 当サイトはシンプルでわかりやすいサイト構成を心がけています。 その為、個人経営の小さな会社(資本金1万円~5億円)に特化しています。 小さな会社に最適な会社設立ができます。
 操作性もいいです。 ショッピングサイトで送付先など入力して最後のボタンを押せば完了するというところで 気が変わったことはありませんか? 後日再び同じ商品を購入しようとした場合、せっかく入力してきた情報をまた入力しなおさなければ ならなかったと思います。当サイトではこの様な事はございません。 入力した内容をサーバー側で保持しているので、 何日かに分けて入力することができます。じっくり考えて入力できます。

全国対応

 全国一律料金です。

お客様の声

 基本的に当サイトと連絡せずに設立できるようになっていますが、 お客様に「ありがとう」と言われるようなサービスを心がけております。  やはり「設立できました。ありがとうございました。」等のメールが届くとうれしいです。 お客様の声

クレジットカード支払いもOK

 クレジットカード払いなら、休日でも夜中でもすぐにシステムをご利用になれます。

          moushikomi
※特定商取引法に基づく表示