かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

発起設立と募集設立

   

発起設立と募集設立という2つの設立方法があります。 発起設立とは発起人が全部の株式を引き受ける場合の会社設立方法です。 一般的には発起設立を用います。
募集設立は発起人でない出資者がいる場合の設立方法です。 設立時に広く一般から出資者を募る場合を想定しており、 ほとんど使用されていません。当サイトも対応しておりません。 もし発起人でない出資者が少数である場合は、 その出資者にも発起人になってもらい、発起設立にした方が良いでしょう。

 - 旧コンテンツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
現物出資の記入例

現物出資をする上での注意事項 現物出資できる物 以下のような物を、現物出資するこ …

no image
高級素材の印鑑を安く提供して頂ける工場様と提携しております。

高級素材の印鑑を安く提供して頂ける工場様と提携しております。 ■安く設立したいな …

no image
会社設立の経験談

私が会社設立したときの経験談 会社設立書類作成システムはこのときの経験を 生かし …

no image
制限事項

■ 小規模な株式会社に最適  「クイック!会社設立」は、小規模な株式会社設立に特 …

no image
指定障害福祉サービス事業の会社設立する際に注意すること

指定障害福祉サービス事業の会社設立する際に注意すること ■事業目的の書き方で失敗 …

no image
自分で設立すると損って本当なの?

自分で設立すると損って本当なの?  本当です。会社を設立するのにいくら必要なの? …

no image
記帳・税務について

■当サイトは税務顧問契約を強要するサービスではありません。  法人の確定申告は、 …

no image
事業目的を入力する際の注意事項

事業目的を入力する際の注意事項 恥ずかしくない事業目的を書くために!  このペー …

no image
監査役の任期を決める際の注意事項

監査役の任期は、原則4年、最長10年 監査役の任期は、原則として選任後4年以内に …

no image
運用コスト削減!年間6万円の節約

■「電子公告」で年間6万円節約する  株式会社は決算公告を毎年行わなければなりま …