かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~)

当サイトを利用した合同会社設立について

sano
 このページでは当サイトを利用した場合の会社設立について説明します。

費用について

sano 当サイトを利用して設立した場合の「設立費用」と「準備していただきたい物」について説明いたします。

費用

項目費用
当サイト利用料5,900円(税別)
※1 CD-Rを弊社が準備する場合、+800円(税別)
※2 法人が出資者になる場合、+3,000円(税別)
※3 現物出資がある場合、1件につき+1,000円(税別)
※4 事業目的が200文字を超える場合、100文字につき+1,000円(税別)
※5 株式会社の様に出資額に応じた決定権を持つ定款(2,000円)

多くのお客様は5,900円(税別)又はCD-Rオプションを付けた6,700円(税別)となります。
登録免許税60,000円
郵便局などで収入印紙を購入して登記申請書に貼って納めます。
合計60,000+5,900円(税別)※オプションがある場合は加算されます。

準備するもの

準備するもの解説
会社実印
印鑑
法人3点セット4,810円~
弊社が運営する印鑑ショップでも購入できます。印鑑ショップ
安いだけでなく、行政書士事務所が運営するサイトだから安心です。例えば「合同会社ウルトラ ボーリング場」は登記できません。どうしてだかわかりますか?この様なことを事前にチェックします。
当サイトならではのサービスです。
CD-R
DVDR
当サイトでは電子定款で登記をしていただきます。CD-Rを最低1枚準備してください。自社用の電子定款をCD-Rで保存する場合はもう1枚準備してください。+800円(税別)で電子定款を保存したCD-Rを2枚郵送するサービスもございます。ご検討ください。
プリンタ
print
登記申請書を印刷するために必要です。
インクジェットプリンタで問題ありません。
印鑑証明書
印鑑証明書
代表社員の個人の印鑑証明書を1通準備してください。

結局、設立までいくらかかるの?

お客様
結局、会社設立するのにいくらかかるんですか?
代表
その問い合わせが多くて困っているんです。
でもわかります。「自分で設立するより4万円安い!」とか「無料!」とか!ネットを検索すればするほどゴチャゴチャになります。私のサイトも食いつきをよくするために「5,900円」なんて書いてます。
お客様
食いつきかあ。私も商売人なので、わかります。
代表
設立するには、上の「費用の表」と「準備するもの」が設立に必要な金額です。あと、提出に簡易書留を使うので+500円ぐらいです。印鑑を購入しても7万円少々で設立できるのではないかと思います。

お客様の作業内容

えびす 実は「完全代行」とか「丸投げ」とPRしている業者と比べても作業内容は大して変わりません。違いは「書類の印刷」「ホチキス留め」「書類の送り先が法務局になるか代行業者になる」だけです。

お客様の作業

手順当サイト利用のお客様の作業
①お申し込みパソコン入力こちらから申し込みください。
メールが届きます。(ログインIDが発行されます。)メール受信
自動配信メールなので直ぐに届きます。
②定款を作成するためのデータ(社名・資本金・出資者の情報、役員の情報、事業目的など)を入力する。
※印鑑の購入もこのタイミングで可能です。
パソコン入力ログインから入力してください。
見積もり
 ※料金表
メール受信
自動配信メールなので直ぐに届きます。
③お支払い
※このタイミングでキャンセルすることもできます。
card銀行・カードでお振込み可能です。
④代表者の印鑑証明書のコピーを送る
メール送信
弊社に印鑑証明書のコピーをメールで送ります。
⑤出資金の振込み
銀行
銀行振込又はキャッシュで代表社員に出資金をお支払いください。
定款作成完了のメールが届く
メール受信
⑥STEP2で登記書類を作成するための入力をして、会社設立書類一式をダウンロードします。パソコン入力
ログインから入力してください。
⑦会社設立書類に押印ホチキス留め書類まとめ
⑧提出印紙+郵送収入印紙を書類に貼って郵送(法務局へ)

どのぐらいの日数でできるの?

 早い人ですと、翌日に登記申請する人がいます。急げば2~3日。1週間余裕で登記申請できます。

サービス内容

会社設立までのサービス

サービス内容説明
会社設立書類一式
printcdr
会社設立に必要な書類一式がダウンロードできます。
お客様は印刷→ホチキス留め→押印→提出していただきます。
お客様が入力した内容を確認

senmonka
当サイトはしっかりした会社設立を行うため、お客様が入力した内容について確認を致します。はじめての方でも安心です。

会社設立後のサービス

弊社のサービスは設立までとなります。従って設立後に顧問契約を結ばなければいけないという事はございません。
設立後の手続きはこちらを参照して進めていただいております。

当サイトを利用すべき理由

当サイトを利用すべき理由