かんたん会社設立

小さな会社設立専門(5,900円~) 

税金対策!年間数十万の損失もありうる!

   

税金対策!年間数十万の損失もありうる!
 税金対策をしっかりやること。 これを考慮しないと毎年莫大な金額を損失し、会社の成長を妨げます。
■例えば事業年度(決算期)決め方
 事業年度(決算期)はいつにしますか?ふつう会社は3月末じゃないの?うちも3月末にします。 となりがちですが、よーく検討しましょう。大企業の殆どが3月末としていますが、別に 3月末でなくても良いのです。逆に3月末は避けたほうがメリットが多いと思われます。
 税金は年度の利益に法人税率(最低22%)をかけたものとなります。 利益は売上から経費を引いた額です。 では引越屋さんを例に説明します。引越屋さんなら3月が繁忙期であることが予想がつくと思います。 わかりやすくするため4月から翌年2月までの利益は0円、3月に100万円の利益が上がったとします。 この様な場合、多くの会社と同様に決算日を3月末にしてしまったら、 3月に出た利益100万円に税金(22万円)がかかることになります。 もし決算日を2月末としておけば、3月の利益100万円は約1年かけて、 設備投資などに使用して利益を少なくすることができるので、 税金も低く抑えることができます。例えば年間の利益を10万円に下げた場合、税金は(2.2万円)なので、 約20万円もの差がでてしまいます。
 事業年度(決算期)というなんでもないような項目ですが 重要であることがご理解いただけたと思います。事業年度を決めるのは上記の観点だけではないので注意してください。 この様な情報が必要だと思う方は、ぜひ当サイトを利用して会社設立してください。
 会社設立を代行してくれるサイトは沢山ありますが、この様な情報を提供しているところは少ないようです。 私が会社設立したときの経験

 - 旧コンテンツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
出資金の払込み方法

出資金の払込み方法 お願いです。 必ず下記方法に従って、出資金の振込を行ってくだ …

no image
監査役の任期を決める際の注意事項

監査役の任期は、原則4年、最長10年 監査役の任期は、原則として選任後4年以内に …

no image
記帳・税務について

■当サイトは税務顧問契約を強要するサービスではありません。  法人の確定申告は、 …

no image
制限事項

■ 小規模な株式会社に最適  「クイック!会社設立」は、小規模な株式会社設立に特 …

no image
発起設立と募集設立

発起設立と募集設立という2つの設立方法があります。 発起設立とは発起人が全部の株 …

no image
gmailのフィルタ設定手順

gmailのフィルタ設定手順 私の意見 最近、gmailを利用するお客様からメー …

no image
会社設立するのは大変なの?

会社を設立するには「定款認証」「登記」という2つの 手続きすればよいのですが、手 …

no image
自分で会社設立するより当サイトを利用した方が安い理由

自分で会社設立するより当サイトを利用した方が安い理由 電子定款のメリット  「紙 …

no image
会社を設立するにはどうすれば良いの?

会社を設立するにはどうすれば良いの?  簡単に言ってしまうと、2つの手続きをすれ …

no image
決算日の決め方

決算日の決め方 重要! ステップ1 【通常】 事業年度の決め方は、設立月の前月に …